更年期障害について

更年期障害という言葉を聞くと高齢の方の症状と考える人も多いでしょう。
しかし実際には高齢ではない40代前半の方や病気などで子宮を摘出してしまった若年層にも見られる症状なのです。
更年期障害の症状には発汗・冷え・頭痛・動悸・不安感・膀胱炎など様々な症状があります。
これらの症状を安易に「更年期世代だから」と考え放置してしまうと別の病気が発症してしまう可能性もありますので体調の変化を感じたのなら早めに婦人科などで診察してもらうことをおすすめします。

更年期障害とは

更年期障害とは一般的に女性における閉経世代(40代~50代)に多く見受けられます。しかしひとによっては症状の軽い人や全く症状を感じない人もいます。
更年期障害の原因は卵巣の活動が衰え女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)が低下したことにより発症する症状と言えます。また性格や心的ストレス・身体的ストレスによっても引き起こされる症状になります。
更年期障害かどうかを判断するには血液中のホルモン濃度をチェックすることで更年期症状に結びつくパターンかどうかを判断します。

健康体で若い女性でもホルモン分泌の低下により発症してしまう可能性もありますのでストレスを貯めない日常生活を心がけましょう。

更年期障害で悩んでいませんか?

更年期障害の治療では主にホルモン剤の投与や漢方薬があります。しかし更年期障害の症状を発生させないように体を健康体に保つ努力も必要です。そのためにも身体の自然治癒力を高めて投薬治療の効果などを十分に発揮させることが重要になります。

日常的な症状として下記に該当することがあれば是非一度相談に来店してみてください。一緒に健康的な体を作っていきましょう。

 

  • 関節痛が多くなった
  • 手の指の関節が痛い
  • 性交時に痛みがある。膣の乾き
  • 便秘がひどくなった
  • 冷え、めまい、耳鳴りが激しい
  • 頭痛、動悸、発汗、ほてりの症状がある
  • 女性ホルモンが低下していると言われた
  • 慢性的な運動不足
  • 無気力・鬱症状・不安感・疲労感が激しい
  • 皮膚のかゆみなどの異常が多くなった
  • 肩こり腰痛が頻繁におこる



 

◇通院しても更年期障害の症状が改善されない

更年期障害の症状に悩まされて産婦人科や整形外科に通っている方も多いでしょう。しかし、その時の治療や薬で一時的に痛みなどの症状は回復したが、しばらくするとまた更年期障害の症状が再発して万年通院となってしまう方も多いと思います。なぜすぐに再発してしまうのでしょうか。

薬に頼るだけの治療になっている

更年期障害の症状で薬を服用したりマッサージに通う方も多いと思います。しかし薬はあくまでもホルモンバランスを整える補助的な役目になります。
またマッサージなどは一時的にしか血流が改善されません。投薬やマッサージをしているからと言って普段の生活は不規則なままではないでしょうか。
健康的な体を手に入れる為には病院の治療だけではなく自分自身の生活コントロールや自然治癒力を高めることも必要なのです。

 

▽一時期だけの治療

更年期障害の症状は人それぞれです。症状が軽いからと言って少しの治療だけで放置しておくと関節痛などがひどくなり手術することも必要になってきます。

一時期だけの治療では更年期障害の症状を治すことはできません。症状が軽くなったからと言って治療を止めてしまうと体は元の状態にすぐに戻ってしまい再度症状に悩まさるようになるのです。
ホルモン剤の投与も大事ですがその効果を発揮させる自然治癒力を高めることも心がけるようにしましょう。

更年期障害の原因と理由

更年期障害の原因としてはホルモンバランスの低下が大きな原因のひとつになります。

安易にホルモンバランスを調整するホルモン剤を服用しても根本的な症状の改善にはなりません。体全体のメカニズムを把握して治療する必要があるのです。ホルモンバランスが低下する悪循環のループを下記に記します。

 

1 体全体に疲労やストレスが蓄積される。・・・(骨格のゆがみ、姿勢の乱れ)
2 内臓へのストレスが蓄積される。・・・(生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの低下)
3 ストレス回避や疲労回避の為に姿勢が悪くなる。・・・(身体的ストレス)
4 無理に日常生活を送るために精神的に負担がかかる。・・・(心的ストレス)
5 症状をごまかすために痛み止めの薬やマッサージを頻繁に行い体全体に負荷がかかる。
6 ①へ戻る

このような悪循環のループによりホルモンバランスが乱れているのです。

特に痛み止めの薬を頻繁に服用すると耐性ができてしまいもっと強い痛み止めなどが必要になるため人体には非常に悪影響を及ぼします。

ひばり整体の施術

更年期障害の悩みは人それぞれです。同様に人間の体の状態は人それぞれなので各個人に合わせた治療が必要なのです。
ひばり整体では各個人に合わせて身体全体を施術し治療していきます。頭部から内臓・筋肉・骨格を重点的に施術していくことにより人間本来の自然治癒力を高めてホルモンバランスが維持される健康的な体を作っていきます。
このような施術を行うことで自然治癒力が高まり更年期障害の悩みから解放されるのです。

 

▽骨格のゆがみ、ストレス改善

まずは体の基本となる骨格の修正を全体的に行います。頭蓋骨から背骨・腰・足先まで丁寧にゆがみやズレを取り除いていき、正常な骨格に戻していきます。
骨格は家でいうと重要な柱部分になりますので重点的に診断していきます。

 

▽内臓のストレス改善

次に内臓のストレスや疲労回復の施術を行います。内臓位置が悪いとホルモン伝達機能や血流に悪い影響を与えます。
内臓のストレス改善をすることで更年期障害の症状が軽減されるのです。身体的ストレスが解消されると心的ストレスも必ず軽減されます。

 

▽血流の改善

そして血流の改善になります。血流が悪いと内臓や筋肉が収縮してしまい骨格にゆがみを発生させます。それが体全体の血流不足を発生させホルモンバランスの低下を引き起こします。
血流を正常にすることにより骨格と内臓・筋肉組織の健康が維持され更年期障害の症状が解消されていくでしょう。

 

▽自然治癒力を高める

人間は生き物です。ケガをすれば身体を治そうと血液中の血小板が働きキズをふさぎます。そして皮膚細胞が拡張してキズを完治させます。
これが自然治癒力です。人間であれば誰にでも備わっている非常に優れた能力です。
骨格・内臓・血流・筋肉を改善することにより自然治癒力を高めて更年期障害の原因と言われるホルモンバランスの低下を解消するのがひばり整体の施術方法となります。

ご挨拶

最後まで読んで頂きありがとうございます。当店は無痛整体、施術を基本にしています。来店時には「更年期の症状がひどい」などの症状がありましたが施術後には「無事解消しました」と慢性的な更年期障害の悩みより開放された喜びの声をお客様から多数聞かせて頂いております。
「もう年だから」とあきらめないで是非自然治癒力を高める努力をしてみてください。あなたの身体の悩みを一緒に解決していきましょう。

メニュー

ご予約はこちら

ひばり整体

〒305-0032
茨城県つくば市竹園2-4-10
村田ビル104

029-886-8899

営業時間:9:00~21:00
定休日:木曜・日曜・祝日

PAGE TOP