腰椎椎間板ヘルニア

2021/01/11

「腰が痛い」という経験は多くの人が体験している症状だと思います。
この中で原因が特定できる病気の中で腰椎椎間板ヘルニアというものがあります。
今回はこの腰椎椎間板ヘルニアについてお話していきたいと思います。

◆ヘルニアとは・・・
そもそもヘルニアとはどんな意味があるのでしょうか。
ヘルニアという言葉は医学用語や病気の名前で色々と使用されていて良く聞く言葉だと思
いますが実際の意味となると「?」という人も多いと思います。
まずはヘルニアという言葉について理解しておきましょう。
ヘルニアの語源はギリシャ語から派生したラテン語になります。
意味としては「脱出」や「突出」という意味があります。1世紀のはじめに初めて医学用
語として用いられた言葉になりますので結構歴史がありますね。
それでは今回の腰椎椎間板ヘルニアとはどのような状態か説明していきます。


◆腰椎椎間板ヘルニアの状態
それでは具体的に腰椎椎間板ヘルニアの症状について解説していきます。詳しく説明する
と非常に長くなりますので要点をまとめて解説しますね。
腰骨は約5つの脊椎から構成されていますがその5つの間にそれぞれ椎間板という腰の圧
力や衝撃を和らげるクッションの役割をする組織があります。椎間板はゼリー状の髄核(
ずいかく)と呼ばれるものとそれを取り囲む繊維輪(せんいりん)と呼ばれる軟骨組織に
なっています。
腰の椎間板は非常に重要な役割をしていますが加齢や衝撃、激しい運動などにより椎間板
の外側の繊維輪に亀裂が入ることがあります。繊維輪に亀裂が入ると繊維輪の中のゼリー
状の髄核がはみ出してくることがあります。
このはみ出した髄核が神経に触れて痛みやしびれを引き起こします。
痛みは一時的なものから慢性的なものまで色々とありますが放置しておくとどんどん髄核
が溢れ出て最終的に歩行困難などになり、日常生活に支障をきたしてしまいます。
これが腰椎椎間板ヘルニア状態になります。
前述した「ヘルニア」の意味は髄核が椎間板より「脱出・突出」状況を指しています。


◆腰椎椎間板ヘルニアの症状
それでは腰椎椎間板ヘルニアの症状とはどのような症状が出て、どのような人がなりやす
いのかを説明していきますね。
腰椎椎間板ヘルニアは主に下記のような症状が出ますので該当する方は早めに専門医の診
察や治療をすることをおすすめします。


・腰痛持ちである

・足などにしびれがある

・寝返りがつらい

・お尻や股関節廻りが痛む

・前かがみをすると腰や足に違和感や痛みがある

・歩いていると尿漏れしそうになる

・長時間歩くことができない


上記のような症状がある方は腰椎椎間板ヘルニアの可能性が非常に高いと言えます。
腰椎椎間板ヘルニアではなくても何らかの病変があるかもしれませんので注意してください。

◆腰椎椎間板ヘルニアの原因
次にどのような人が腰椎椎間板ヘルニアになりやすいのでしょうか。

・車の運転が多い

・重い荷物を運ぶことが多い

・事務関係で一日中座っている

・過去に激しいスポーツをしていた

・腰椎椎間板ヘルニアが親族に多い

・無理な体勢をすることが多い

・子育てなどで体のバランスがくずれている

・慢性的な運動不足

・体重が重い

・工場などで長時間立っている

・喫煙者である

・生活習慣が不規則

・姿勢が悪い

上記のような人は腰椎椎間板ヘルニア予備軍となりますので注意してください。長時間の
座り仕事は非常に腰に負担がかかっています。


◆腰椎椎間板ヘルニアの治療方法
腰椎椎間板ヘルニアの治療方法としては色々なものがあります。
薬物療法、ブロック療法、マッサージ、電気治療、牽引治療、麻酔治療、手術など様々で
す。
しかし、手術以外はどの治療方法も一時的なものにしかならないのが現状のようです。
薬物療法は痛み止めの薬などになりますので根本的な改善にはなりません。
またマッサージなども局所的なものになるため一時的にしか痛みが改善されません。
理想的なのは各治療方法と共に生活習慣を改善して体の自然治癒力を上げる事が理想的な
治療方法と言えるでしょう。
人間の体は不具合があっても自然治癒するようにできています。この自然治癒力が衰えて
いたり、機能していないといくら前述した治療方法を駆使しても腰椎椎間板ヘルニアは治
りません。

◆腰椎椎間板ヘルニア予防方法
腰椎椎間板ヘルニアの予防方法としては日頃から自分の体をケアして身体的疲労を取り除
くことが一番の予防法になります。
筋肉疲労だけではなく気づきにくい内臓疲労や免疫力の疲労を取り除くようにしましょう。
そうすることで自分の体の性能を上げて自然治癒力をアップさせるのです。

具体的には下記の2項目で大丈夫です。

・規則正しい生活習慣にする

・軽い運動やストレッチなどをこまめに行う

これらは一見地味なようですがこれが一番病気には効力を発揮するのです。
仕事柄中々難しい人もいるかと思いますが休日にしっかりと休むことで疲労改善すること
ができますので頑張ってみてくださいね。


腰椎椎間板ヘルニアの詳しい記事はこちら

ブログ・お知らせ

一覧へ

メニュー

ご予約はこちら

ひばり整体

〒305-0032
茨城県つくば市竹園2-4-10
村田ビル104

029-886-8899

営業時間:9:00~21:00
定休日:木曜・日曜・祝日

PAGE TOP