生理不順

2021/01/20

生理不順は意外に多くの人が経験している症状になります。生理不順の原因は主にホルモンバランスが原因となりますが、なぜホルモンバランスが乱れてしまうのでしょうか?

今回はこの生理不順についてお話ししていきます。

 

◆生理不順とは・・・

生理不順とは定期的に月経・生理がこない事を指します。これは子宮内の組織や卵細胞が正常に作動していないことが原因になります。

具体的言うと25日未満で生理がきたり、39日以上生理がこない状態になります。

 

また、月経が2日で終わってしまったり、8日以上続いたりする状態も生理不順と言われます。この原因はホルモンバランスの乱れもありますがホルモンをコントロールする脳下垂体にも異常がある場合もありますので「生理不順かな?」と感じた場合には早めに専門医にて診察をしてもらうようにしてください。

 

そのまま放置していると思わぬ病変が隠れている場合があります。大事に至らない内に早めに改善するようにしましょう。

 

◆生理の仕組み

生理の仕組みやリズムは2つのホルモンからコントロールされます。卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンというホルモンが子宮内に分泌されて生理をうながします。

このホルモンは女性の身体や心の状態を4パターンに分けてコントロールするようになっています。

 

・生理中 1週目

黄体ホルモンが無くなり、体温がさがり、冷えや血行が悪くなり、頭痛やだるさ、貧血などの状態を引き起こします。

 

・生理後 2週目

排卵を前にして卵胞ホルモンが活発化して肌のノリも良く、女性らしさが増す時期になります。排卵に向けての準備期間になります。

 

・生理後 3週目

黄体ホルモンの分泌がはじまり、下腹部に不快感を感じる人も多くいます。しかし、心身ともに健康な状態で気分も高揚している時期になります。

 

・生理前 4週目

黄体ホルモンが一番大きく影響する時期になります。体温上昇や体のむくみ、便秘、肩こりなどの症状が出たりする人も多い時期です。

これらの4つのパターンが繰り返して生理をコントロールしているのがホルモンの働きとそのホルモン分泌をうながす脳下垂体の働きになります。

 

◆生理不順の症状

それでは生理不順の症状とはどのような症状が出て、どのような人がなりやすいのかを説明していきます。

まずは生理不順の症状を下記に記します。

 

・生理の周期が一定でない

・生理の症状が短い

・生理の症状が長い

・経血の量が少ないもしくは多い

・月に3回程度生理がくる

・子宮筋腫と診断された

 

上記のような症状がある人は生理不順の可能性が非常に高いと言えます。生理不順ではなくても何らかの病変があるかもしれませんので注意してください。

 

◆生理不順の原因

次にどのような人が生理不順になりやすいのでしょうか。

 

・出産後

・仕事で疲労が蓄積している

・ハードワーク

・激しい運動をしている人

・肥満気味

・痩せすぎ

・過食症

・頭痛持ち

・生活習慣が不規則

・姿勢が悪い

 

上記のような人は生理不順予備軍となりますので注意してください。特に痩せすぎの方は生理不順になりやすい傾向にあります。

 

◆生理不順の治療方法

生理不順の治療方法はその状態によって様々ですが主に投薬治療が一般的になります。

ホルモン剤や排卵誘発剤などの投与やカウンセリング、その他の病変が疑われる場合にはエコー検査の上で治療方法を決めていきます。また生理不順に特定の原因が無い場合はマッサージや整体なども治療法として用いられます。

 

しかし、これらは一時的な治療になりやすいのが現状です。投薬治療を一度行って正常に生理がきたとしても次回から正常に生理が来るとはかぎりません。また整体やマッサージは治療中で通えば生理不順は正常に戻るかもしれませんが治療を止めるとすぐに生理不順になってしまう可能性があります。

 

やはり日常生活を見直し、食生活や運動不足、健康に注意して免疫力や自然治癒力を高めることが一番の治療方法になります。投薬治療やマッサージだけでなく現在の日常生活を見直すことから生理不順の治療を始めましょう。

 

◆生理不順の予防方法

生理不順の予防法としては一番良いのが疲労やストレスを抱えないことです。

ホルモンコントロールをする脳下垂体は心的ストレスにより機能が左右されることが非常に多くあります。また身体的疲労は心的ストレスを引き起こす要因にもなります。

 

これらの疲労やストレスを改善して日頃から免疫力や自然治癒力を高める努力をしてください。特に骨格の歪みは姿勢を悪くして内臓を圧迫し、内臓疲労を引き起こします。内臓疲労が起きると血流が悪くなり頭部への血流も悪くなるため脳下垂体の機能が低下しますので注意する事が必要と言えます。

 

これらは一見地味なようですがこれが生理不順には一番効力を発揮します。

仕事柄中々難しい人もいるかと思いますが休日にしっかりと休むことで疲労やストレス改善することができますので頑張ってみてくださいね。


生理不順の詳しい記事はこちら

 


ブログ・お知らせ

一覧へ

メニュー

ご予約はこちら

ひばり整体

〒305-0032
茨城県つくば市竹園2-4-10
村田ビル104

029-886-8899

営業時間:9:00~21:00
定休日:木曜・日曜・祝日

PAGE TOP