冷え性について

2021/02/19

最近では男性でも自覚症状があると言われる「冷え性」ですが、やはりまだまだ女性に多い症状と言えます。冷え性は非常に厄介で冬の寒さや夏場のクーラーなどで非常に辛い思いをしている人も多いと思います。現代では夏冬関係なく発生してしまう冷え性について今回はお話していこうと思います。

 

◆冷え性の仕組み

冷え性のメカニズムとはどんな仕組みで発生するのでしょうか。まずはそのシステムを理解することから冷え性改善を始めていきましょう。

 

人間の体で重要なところと言えば「心臓」「内臓」「頭部」これらが非常に重要な器官と言えるでしょう。人間の体は自然に体温調整をしますが一番重要な器官をメインに保護していく仕組みになっています。そのため寒さを感じると体の中心や頭部の体温を保とうとするため手足から熱を逃がさないようにしていきます。

 

「手足から熱を逃さない」ということは手足の血管を収縮させ血流を抑え、体に蓄えた熱が外部放出するのを防ぐ形になります。そのため手足が以上に冷たくなってしまい、冷え性になってしまうのです。

 

少し分かりにくいかもしれませんが簡単に説明すると体の中心温度を保つために手足に余計な熱を送らないということが冷え性の症状に繋がるということです。

 

◆冷え性になりやすい人

冷え性になりやすい人はどんな人でしょうか。冷え性は実に女性の7割が冷え性とも言われています。一方男性の方は1割から2割と圧倒的に少ないと言えます。なぜこのように男女で差ができてしまうのでしょうか。

 

これには色々な理由があります。一番大きな部分として女性は男性に比べて筋肉運動による発熱量が圧倒的に少ないことが挙げられます。また、生理などの女性特有の生体現象や血圧、血流が男性より圧倒的に低いことにより冷え性は女性に多い理由になっているのです。

 

その他更年期障害や自律神経の乱れにて体温調整が上手くできない人も冷え性になりやすいといえます。

 

「冷え性はいつものこと」と考えて放置しておくとばあいによっては重篤な病変が隠れている場合があります。低血圧症や動脈硬化症、甲状腺機能低下症などの病変が隠れてしまっていると日常生活にも支障をきたしてしまいますので「最近冷え性がひどいな」と感じたら専門医にて速やかに診察を受けてもらってください。

 

◆冷え性の原因

それでは冷え性の原因とはなんでしょうか。冷え性は生活習慣病のひとつとも考えられるくらい私達の日常生活に密接に関係しています。下記のような状態が日常的な人は「冷え性予備軍」や「慢性的な冷え性」になっている可能性が多いので注意するようにしてください。

 

・きつい下着や洋服で無理に体を締めつけている

・過度なダイエット

・ホルモンバランスの乱れが多い

・生理不順

・自律神経の不調

・慢性的な運動不足

・デスクワークが多い

・日常的にクーラーの効いたオフィスにいる

・生理のため貧血気味

・朝が異常に弱い

・生活習慣が乱れている

・更年期症状がある

・日常的にストレスが多い

 

上記のような状態が日常的にある人はできるだけ日常生活を改善できるように努力することから始めみましょう。毎日簡単なストレッチをするだけで体の調子が全く違ってきます。

 

◆冷え性の治療方法

冷え性の治療方法は色々とあります。ビタミン剤、漢方薬、マッサージ、整体、自律神経調整薬、鍼灸など様々です。ではこれらの治療方法が本当に適切なのでしょうか?

 

実はこれらの治療方法の多くは一時的な症状回復のみになってしまいがちです。例えばビタミン剤などを服用している時は冷え性の症状が改善されてきていてもビタミン剤を止めたらすぐに「冷え性」が再発してしまうでしょう。漢方薬も同様です。またマッサージなども血行を良くするのでマッサージ当日から1日~2日は調子が良いかもしれませんが1週間もするとまた冷え性が再発してしまうでしょう。

 

ではなぜ「冷え性が再発してしまうのでしょうか」これには理由があります。

◆冷え性の予防法と対策法

冷え性の予防や対策としてはやはり日常生活を見直すことが一番の予防・対策方法と言えるでしょう。ビタミン剤や漢方薬、マッサージは一時的なものになります。冷え性の本当の原因は「疲労の蓄積」「ストレスの蓄積」「自然治癒力の衰え」が一番の原因になります。

 

いくら良いビタミン剤や漢方薬を処方しても日常生活が乱れたままでは体の疲労やストレス、自然治癒力は向上しません。冷え性が「クセ」となってしまい直ぐに体調不良になってしまいます。

 

現代人は気づかないうちに体のいたるところに疲労を蓄積しています。その疲労は骨格や内臓、血流などを悪くして本来人間がもっている自己免疫力や自然治癒力を下げてしまうのです。この自己免疫力や自然治癒力を上げる為にも日常生活を見直して食生活や適度な運動・睡眠を心がけて自分の体をいたわるようにしてください。きっと今までと違った快適な生活が送れるでしょう。


 


メニュー

ご予約はこちら

ひばり整体

〒305-0032
茨城県つくば市竹園2-4-10
村田ビル104

029-886-8899

営業時間:9:00~21:00
定休日:木曜・日曜・祝日

PAGE TOP