子宮筋腫について知ろう

2021/03/15

子宮筋腫という言葉はみなさん聞いたことがあるかと思います。しかし子宮筋腫になった人でないと詳しくは分からないという人が多いのも事実です。実は子宮筋腫は女性の4人に1人が発症すると言われるほど女性にとっては非常に身近な病気の一種でもあります。今回はその子宮筋腫についてお話していこうと思います。

 

◆子宮筋腫の仕組み

一言で言うと子宮筋腫は腫瘍です。しかし、良性の腫瘍がほとんどですのでご安心ください。

子宮筋腫の原因はいまだはっきりと解明はされていませんが子宮内の筋肉組織が異常発達し、こぶ状の状態となってしまう症状を指します。

この子宮筋腫は放置しておくとどんどん大きくなったりもしますが閉経を迎えると小さくなってくるケースも多いので女性ホルモンの作用に起因して子宮筋腫が発症するのではないかとも言われています。

 

また子宮筋腫は1か所だけでなく複数の場所にできることも非常に多いので筋腫の状態によって複数の種類に分けられます。子宮筋腫は自覚症状がない事も多いですが種類によっては様々な症状が出ますので日頃から健康管理に注意してください。

 

◆子宮筋腫の種類

子宮筋腫には筋腫が出来る場所などにより病名や症状が違ってきます。筋腫が増える速度や大きくなる度合いは個人差があります。貧血や便秘、強い月経痛、性交渉時の痛みなどが症状として発生してきた場合は子宮筋腫の可能性が非常に大きいので注意しましょう。

主に4つの子宮筋腫の内容を以下に記しますので参考にしてみてください。

 

・筋層内筋腫

子宮筋腫で一番多く報告される筋腫の一種です。子宮壁を構成する筋組織にできる筋腫になります。筋腫の大きさが小さい物はほとんど症状が出ませんが筋腫が肥大すると生理の経血が増えたり、不妊症の原因にもなると言われています。

 

・頸部筋腫

頸部筋腫は子宮の入り口付近にできる筋腫になります。やはり当初は無症状の人が多いですが筋腫が大きくなると多量の経血が発生して貧血の状態になる人も多くいます。

 

・漿膜下筋腫

子宮の内側でなく外側に向けて筋腫が大きくなる状態です。子宮内の異常が出ないため無症状の人も非常に多いため気づきにくい筋腫のひとつになります。筋腫が大きくなると内臓組織を圧迫するため便秘や頻尿の症状が起こりやすくなります。

 

・粘膜下筋腫

不妊症の原因のひとつにもなる粘膜下筋腫ですがこれは子宮の内側に向かって筋腫が大きくなるため受精卵が着床しにくくなってしまいます。そのため不妊症の原因とされるケースも多く報告されています。筋腫が大きくなると経血が多くなり貧血状態が多くなります。

 

◆子宮筋腫の原因は?

現代の医学では筋腫が発生するメカニズムは詳しく解明できていないのが現状です。しかし、幼少期には子宮筋腫の症状などは全く見られず、成熟期の20代から40代まで幅広く病変が発見されることから女性ホルモンの卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌状況が筋腫の発生や増殖に起因しているではないかと研究されています。

 

子宮筋腫の原因は明確ではありませんが下記のような症状が最近頻繁に発生している人は子宮筋腫の可能性がありますので早めに専門医に診察を受けてもらってください。

 

・月経時の経血が最近多い

・最近貧血気味である

・血圧が低くなった

・最近頻尿気味である

・最近便秘が多くなった

・性交渉時に痛みや違和感がある

・不妊症で悩んでいる

・生理痛がひどくなった

・下腹部が張る

 

上記は子宮筋腫の症状の一例になりますがこの他にも様々な症状がありますので生理中や日常生活で違和感を感じた場合は注意してください。

 

◆子宮筋腫の予防法

子宮筋腫の予防法も確実なものは実際には存在しないのが現状です。しかし、低用量ピルなどの服用で女性ホルモンの過剰分泌を調整すれば子宮筋腫の発生を抑制することが可能ではないかとも言われています。またその他ハムやビールなどの過剰摂取が子宮筋腫の原因のひとつではないかとも報告されています。逆に果物や野菜が予防効果があるとも報告されているケースがあります。しかし、これらの予防法の実際の効果は証明されていません。

 

子宮筋腫は閉経後小さくなることもあるため薬物投与にて経過観察をしたりすることもありますが、大きくなると手術をして子宮の摘出などをする必要が出てきます。手術をして子宮の全摘出をしてしまうと今度は更年期障害に悩まされるようになってしまいます。

 

そのため子宮筋腫の予防としては定期的な検査、問診などが必要になってきます。また一番大きな予防法としては定期的で正常な月経をコントロールするという事になります。この月経をコントロールするのは身体の免疫力や自然治癒力が大きく関係してきます。

 

日頃の日常生活が不規則な状態だと身体の疲労やストレスも改善されないため免疫力や自然治癒力も低下しがちです。健康的な身体を維持するためにも生活習慣を見直すことから子宮筋腫の予防を始めましょう。



子宮筋腫の詳しい記事はこちら


メニュー

ご予約はこちら

ひばり整体

〒305-0032
茨城県つくば市竹園2-4-10
村田ビル104

029-886-8899

営業時間:9:00~21:00
定休日:木曜・日曜・祝日

PAGE TOP