指や手を動かすと痛くて曲げられないなどの症状がある方は「腱鞘炎」の可能性があります。腱鞘炎の原因は指や腕の動かし過ぎなどが原因でありますが、女性の方でも妊娠出産期や更年期症状がある方は「ばね指」などと呼ばれる腱鞘炎の症状がでます。
腱鞘炎はそのまま放置しておくと痛みが激しくなり日常生活にも支障をきたしてしまいます。しかし「腱鞘炎」は根本の原因を治せば解消されます。指や腕の痛みで悩まれている方は是非一緒に悩みを解消していきましょう。

あなたは「腱鞘炎」で悩んでいませんか?

腱鞘炎には様々な原因や症状が発生します。下記に該当することがあれば是非一度相談に来院してみてください。責任をもって解消します。

  • 手首痛くて重い
  • パソコンや携帯が思うように使えない
  • 指を動かすと引っかかりがあり、痛む
  • ペットボトルやコップが思うようにつかめない
  • 指の屈伸ができない
  • 出産時期で指や手首に違和感がある
  • 生理がなくなって指や手首に違和感がある
  • お箸を使用するなどの細かな動きができない
  • 育児で子供を抱えると手首が痛い
  • 調味料やペットボトルのフタが開けられない
  • 整形外科に頻繁に通っている
  • 色々な整体などに通っているが治らない

腱鞘炎とは

「腱鞘炎」という言葉を聞いたことがあると思いますが、腱鞘炎とは一体どのような症状を指すのでしょうか。指や手首などを動かすには筋肉が必要ですが筋肉だけではなく関節に力を伝える為に必要な組織が体にあります。
それが「腱」です。この腱はひも状の形をしており、そのひも状の腱を抑える保護組織があります。これを「支帯」とよびます。その支帯部分にある腱を保護して動きをスムーズにする為にあるのがパイプのような組織の「腱鞘」になります。
この「腱」「支帯」「腱鞘」に炎症がおきてスムーズに指や手首が動かなくなり痛みを発生させる症状を「腱鞘炎」とよびます。
基本的な治療法は指や手首を休ませることが大事ですが非常に慢性的になりやすい為放置しておくと外科的な治療が必要になってくる場合も多数あります。特に腱鞘炎の症状を起こしやすい方は日常的にキーボードや楽器、筆記用具など細かな作業をする方に多いですが、ホルモンバランスが崩れやすい出産期の方や更年期の方にも非常に多く発生する症状です。

お客様の喜びの声

Q1.どのようなことがきっかけで当院にご来店されましたか?
手の指が痛い

Q2.当院の治療を受けて、困っていた症状は改善されましたか?
改善されました

Q3.当院の施術を受けて、何か変化がありましたか?いくつでも良いのでご記入下さい。
体が楽になりました

Q4.当院にご来店されるのを迷っている方に一言お願い致します。
楽になりますので、是非来店してみて下さい

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

腱鞘炎の種類

腱鞘炎で代表的な病名を付けられているのが「ドケルバン病」「ばね指」になります。ドケルバン病の症状はまず手首の屈伸がしづらくなり、痛みを伴います。
仕組みとしては親指付け根の手首部分の腱鞘と腱が炎症を起こしてスムーズに動かなくなり、痛みや腫れを引き起こします。次に「ばね指」の症状ですがこれは「指の腱鞘炎」とも呼ばれています。各指にもやはりそれぞれ「腱」「支帯」「腱鞘」が存在しており、腱の部分が炎症を起こしてコブになり腱鞘部分をスムーズに通過できなくなります。
指を動かすと「カクン、カクン」という感覚になり、やはり痛みや腫れを発生させます。
それぞれこの腱鞘炎の原因としては妊娠出産期や更年期の女性に多くみられますが、その他にも手を非常に酷使する仕事やスポーツをする方にも多く見られます。
 

▮ 通院しても「腱鞘炎」が改善されない

腱鞘炎に悩まされて色々な整体や接骨院・マッサージに通っている方も多いでしょう。しかし、その時の施術で痛みはとれたが、しばらくするとまた腱鞘炎が再発して万年通院となってしまい色々な症状に悩まされる方も多いと思います。なぜすぐに再発してしまうのでしょうか。

指や手首だけの施術になっている

腱鞘炎は指や手首に多く見られます。だからと言って指や手首だけの施術になっていないでしょうか。腱鞘炎を放置していると身体機能として指や手首をかばうようになり肩や背骨などに負担がかかります。
そしてその状態を体が記憶してしまい姿勢の悪さや手首や指を動かさない事が正常と判断してしまうのです。このような悪いサイクルに入ってしまうと指や手首だけを修正しても再び腱鞘炎が発生してしまいます。
いわゆる「クセ」になってしまっているのです。

 

 負荷の強い施術

指や手首に大きな負荷をかけて施術する場合もあります。しかし、指や手首に負荷をかけ過ぎるとその負荷を軽減させようとあらゆる筋組織が動きます。
その為、かえって腱鞘炎がひどくなったりするのです。また痛み止め注射や薬を処方されたとしても一時的なものになりますので腱鞘炎が再発してしまいます。
その場合人間の体には耐性がありますので当初の薬が効かず強い薬を処方されるようになってしまい体に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 腱鞘炎の原因や仕組みが分からない

一般的に腱鞘炎は手を酷使することが原因と考える人が多いでしょう。
しかし、腱鞘炎の原因はホルモンバランスや炎症を引き起こす内臓や他の骨格が原因になっているケースが多くあります。
「なぜ」「どんな時に」腱鞘炎が発生するのかそのメカニズムを正しく理解して治療し、日常生活に反映させることで腱鞘炎を改善していくことができます。

腱鞘炎の原因と理由

腱鞘炎の根本的な原因は人体の自然治癒力の低下が原因と考えられます。腱鞘炎だからといって指や手首のみを改善しても腱鞘炎は解消しません。体全体のメカニズムを把握して治療する必要があるのです。その仕組みを下記に記しましたので確認してみてください。
 

ひばり整体の施術

腱鞘炎による悩みは人それぞれです。人間の体は各自状態が様々なので各個人に合った施術が必要なのです。身体全体を施術し治療することにより人間本来の自然治癒力を高めて腱鞘炎が発生しない健康的な体を作っていきます。ひばり整体では体全体(頭部から内臓・筋肉・骨格)を基本に考え重点的に施術していきます。この施術により自然治癒力が高まり色々な痛みから解放されるのです。

 

 骨格のゆがみ、ストレス改善

まずは体の基本となる骨格の修正を全体的に行います。頭蓋骨から背骨・腰・足先まで丁寧にゆがみやズレを取り除いていき、正常な骨格に戻していきます。骨格は家でいうと重要な柱部分になりますので重点的に診断していきます。

 

 内臓のストレス改善

次に内臓のストレスや疲労解消の施術を行います。内臓位置が悪いと当然骨格に影響を及ぼします。またホルモンバランスにも悪い影響を与えます。内臓の疲労改善することにより正常な骨格やホルモンバランスが維持されるのです。

 

 血流の改善

そして血流の改善になります。血流が悪いと内臓や筋肉が収縮してしまい骨格にゆがみを発生させます。それが腱や腱鞘の不具合など発生させ腱鞘炎を引き起こします。血流を正常にすることにより骨格と内臓・ホルモンバランスの健康が維持できるのです。

 

 自然治癒力を高める

人間は生き物です。ケガをすれば身体を治そうと血液中の血小板が働きキズをふさぎます。そして皮膚細胞が拡張してキズを完治させます。これが自然治癒力です。人間であれば誰にでも備わっている非常に優れた能力です。骨格・内臓・血流・筋肉を改善することにより自然治癒力を高め「腱鞘炎」の根本的な原因を解消するのがひばり整体の施術方法となります。

ひばり整体の特徴

当院は人体の自然治癒力を高めることを基本に考え、体の調子を改善することをモットーに考えています。一部分だけの施術では腱鞘炎の改善にはなりません。体全体の調子を見極めて改善していきます。この事により慢性的な「腱鞘炎」から解放されるでしょう。早めに体をメンテナンスすれば外科的な手術も不要になり、重病も早期発見できます。是非体の一部分だけでなく体全体のメンテナンスを行ってみてください。

ご挨拶

最後まで読んで頂きありがとうございます。当院は無痛整体、施術を基本にしています。痛みが苦手な方も多数来院されており、慢性的な腱鞘炎の痛みより開放されて喜びの声を多数聞かせて頂いております。「仕事上しょうがない」「接骨院に通う」とあきらめないで是非自然治癒力を高める努力をしてみてください。あなたの悩みを一緒に解消していきましょう。

ブログ・お知らせ

一覧へ

メニュー

ご予約はこちら

ひばり整体

〒300-3261
茨城県つくば市花畑3-9-1
シュガーハイツ102D

029-869-8007

営業時間:9:00~21:00
定休日:木曜・日曜・祝日

PAGE TOP